アソシエイト紹介

M.S. : 営業

2016年入社 文学科専攻

グローバルでお客様満足の実現に貢献

入社後、10ヶ月間の研修を経て、セールス&マーケティングのチームへ配属。インサイドセールスとして自社製品を欧米市場に展開する役割を担い、欧米を中心とした海外のお客様の対応や展示会などを経験しました。欧米のお客様からの需要が拡大する中、製品をタイムリーにお届けするため、英語によるコミュニケーションおよび文化の違いを乗り越え、欧米子会社のアソシエイトと協力して課題を解決してきました。海外現地の文化を理解し、国境を越えて連携。チーム一体となってそのビジネスのスピードに順応することの大切さを実感しました。入社3年目からは、国内営業としてお客様を担当し、引裂性熱収縮チューブの拡販活動に従事しました。入社6年目から海外営業を担当しています。

潤工社を志望した理由は、2つあります。
1つは、グローバルな活躍を目指せること。きっかけは、学生時代の米国留学でした。価値観や文化の異なる者同士でも、共感し合えることに感銘を受け、海外との架け橋となる仕事がしたいと思いました。
もう1つは、自分の言葉で製品の魅力を伝えられる営業職に興味があったこと。特に潤工社は、自社独自の価値を提供することを信条としています。それは、採用選考時の工場見学の際、潤工社で働くアソシエイト一人ひとりが責任感を持って仕事に取り組む姿からもみてとれました。潤工社なら、自信を持って自社製品の紹介ができる、しかも、独自の技術を武器に、セールスエンジニアとしてプロフェッショナルを目指せると考え、入社を希望しました。

プレゼンテーション中
1日の流れ
  • 8:00 メールチェック
  • 8:30 海外のお客様とWebミーティング(自宅にてリモートワーク)
  • 10:00 出社、メール対応
  • 12:00 カフェテリアでランチ
  • 13:00 メール対応
  • 14:00 社内にてミーティング
  • 16:30 メール対応
  • 17:00 退社

第一線で活躍し、グローバルな事業成長を支える

現在、海外営業として、主に米国の医療機器メーカー様を担当。関連ケーブルの仕様決め、納期調整、製品の技術に関するご提案、お客様のニーズに応じた製品のカスタマイズなど、お客様と国内自社工場をつなぐ役割を担っています。潤工社の営業は技術的なやり取りが多く、お客様は技術者の方がほとんどであるため、幅広い技術知識が身に付きます。今後、自社製品の技術知識を深め、お客様のニーズに合う製品の提案ができる営業を目指したいと考えています。

海外のお客様の場合、メールでのコミュニケーションが基本となりますが、メールのやり取りではお客様目線で考える工夫をしています。例えば、返信を早くすること、要件を的確にまとめることなど。顔が見えないコミュニケーションほど、自分の伝えたいことを確実に伝えるための工夫が必要だと考えます。また、お客様のことを社内で1番理解しているアソシエイトとして、「お客様の課題をどう解決するか」を常に考え、自分の意見を発信することを心がけています。海外のお客様とは、英語はもちろんのこと、その国の文化を理解した上でコミュニケーションをとる必要があるため、グローバルマインドが必要です。

また、潤工社がもつ確かな技術力は海外の市場からも求められているという手応えも、これまでの活動を通して感じています。医療分野は成長性が高く、しかも海外市場は大きなポテンシャルを秘めています。グローバルな事業成長に関わることができているのがうれしいですね。


誠実できめ細かな対応が、価値と信頼を生む

ある時、潤工社の引裂性熱収縮チューブを使用する国内のお客様から、急にお客様の規格に合わなくなってしまったとご相談を受けました。まず、お客様先での自社製品の使用状況を確認するため、どのような加工方法で潤工社の製品を使用されているかをヒアリングしてデータを収集。社内の製品設計チームと協力し原因を探りました。その結果、課題を解決することができ、その対応に関してお客様から感謝の言葉をいただきました。難しい課題に直面した時、周囲の協力を得ていかに早く解決する動きが取れるかが重要であると考えます。

きめ細かな対応は、潤工社の強みの一つであると感じています。海外でも武器として活かし、海外展開をさらに加速していきたいと考えています。

お客様との打合せに向かう

※アソシエイトの所属するチーム名・仕事内容はインタビュー当時のものです。
※写真撮影時のみマスクを外しています。
※潤工社では、職務や役割に関係なく、一人ひとりの社員のことを、「仲間」を意味する「アソシエイト」と呼んでいます。