ハイパフォーマンスポリマーについて

潤工社はポリマーの無限の可能性に着目。
ポリマーの成形加工技術によって、最先端分野に向けて独自製品を開発。
ポリマーには、プラスチック、合成繊維、合成ゴムをはじめとした高分子化合物などがありますが、中でもハイパフォーマンスポリマーは、際立って優れた特性を兼ね備えているポリマーの総称です。

フッ素ポリマーの特性

ハイパフォーマンスポリマーの中でも、潤工社の主製品に活用している素材が、フッ素ポリマーです。
基本構成であるC-F(炭素ーフッ素)の結合エネルギーが強く、分極率が小さいことから、以下のような数々の優れた特性を示します。

耐熱・耐寒性

使用可能温度範囲がポリマーの中で最大。
PTFEは-253℃~+260℃、PFAは-195℃~+260℃、FEPは-253℃~+200℃まで使用可能です。

不燃性

不燃性であり、非発煙性です。

耐候性

紫外線、酸化性ガスなどの影響を受けず、耐候性・耐劣化性が抜群に優れています。

電気特性

誘電率・誘電正接が固体の中では最小。固体の中で高周波誘電体として最も優れ、体積固有抵抗、表面固有抵抗がポリマーの中で最大です。

耐薬特性

金属ナトリウムなどの溶解アルカリ金属や高温高圧下でのフッ素ガスなどごく一部に影響を受ける以外、全ての化学薬品・溶剤にまったく浸されません。

低摩擦性

摩擦抵抗が極めて小さく(固体中で最小)、非粘着性で付着しても簡単にはがせます。

フッ素ポリマーの種類

PTFE ポリテトラフルオロエチレン

分子量が極めて高く、溶解粘度も高いことが特長です。ポリマーのなかでは、最も低い誘電率・誘電正接・摩擦係数を有します。

FEP パーフルオロエチレンプロピレンコポリマー

テトラフルオロエチレンとヘキサフルオロプロピレンの共重合体で、PTFEと同等の優れた電気特性・耐薬特性・耐候性をもちながら、溶解加工が可能なフッ素ポリマーです。

PFA パーフルオロアルコキシアルカン

テトラフルオロエチレンとパーフルオロアルキルビニルエーテルの共重合体で、PTFEと極めて同等の性質をもちながら、溶解加工が可能なフッ素ポリマーです。

ETFE エチレンテトラフルオロエチレンコポリマー

テトラフルオロエチレンとエチレンの交互共重合体で、機械特性・クリープ特性・耐衝撃特性に優れた、溶解加工が可能なフッ素ポリマーです。

その他のハイパフォーマンスポリマー

150℃を超える高温環境下においても、機械的強度を保持し、熱変形しにくい特性があり、耐薬品性、対候性にも優れているポリマーを指します。

PEEK ポリエーテルエーテルケトン

一次元構造が剛直な線形芳香族で、高い引張り強度・曲げ強度・衝撃強度を有し、高温においても機械的強度を保持します。耐放射線性にも優れ、溶解加工も容易です。

PPS ポリフェニレンスルフィド

比較的単純な繰り返し単位を有するポリマーで、高い強度・剛性・寸法安定性・耐熱性に加え、比較的良好な耐溶剤性をもっています。

PES ポリエーテルスルホン

芳香環とエーテル環とスルフォン環によって結合された構造を有する非晶性のポリマーです。耐熱性・耐安定性・酸化安定性に優れ、特に熱可塑性の透明樹脂のなかでは高い耐熱性を持っています。

LCP リキッドクリスタルポリマー

溶解時に液晶性を示す樹脂を総称して、LCPと呼びます。高耐熱と薄肉化が求められる電子部品などに使用されます。成形収縮率が小さく、溶解流動性が高いため、精密成形・ハイサイクス成形に適しています。

PEI ポリエーテルイミド

エーテル基とイミド基を有する非晶質のホモポリマーです。耐熱性・対薬品性・難燃性・耐加水分解性をもち、成形性にも優れています。

PAI ポリアミドイミド

ポリイミド分子内に柔軟なアミド基をもつ化学構造であるため、高い熱可塑性と成形性を有しています。ガラス転移点は280℃と高く、高温で長時間連続使用しても、顕著な強度保持率を示します。