Junkosha 多心ケーブル&アセンブリ

多チャンネル伝送ケーブル&アセンブリ

血管内超音波IVUSで使用されるケーブルには極細化はもちろんのこと、より柔軟で大容量のデータ信号伝送性能が求められています。潤工社では既存の同軸ケーブルやFPCに代わる新しいマルチチャネル伝送(MCT)を開発しました。
このケーブルを使用することによって、ケーブルの断面積当たりの伝送特性を飛躍的に向上させることが可能です。

特長

●ケーブル外径
●柔軟性、信号の品質、耐久性に優れています。

用途

●心臓内心エコー図(ICE)
●超音波内視鏡検査
●血管内超音波検査(IVUS)
導体サイズ多チャンネル伝送ケーブル
64CHでの仕上がり外径
一般的な同軸ケーブル
64CHでの仕上がり外径
Reduction ratio
AWG#441.61 mm2.38 mm32%
AWG#461.40 mm1.90 mm26%
AWG#481.16 mm1.56 mm26%
AWG#500.98 mm1.22 mm20%
同軸ケーブルと多チャンネル伝送ケーブル(MCT)の電気特性比較
興味のある製品を探す