Junkosha 熱収縮チューブ

フッ素ポリマー熱収縮チューブ

熱を加えるとチューブの径が小さくなる熱収縮チューブは、形状を記憶するフッ素ポリマーの特性を利用した絶縁および保護用のチューブです。広い使用温度範囲に加え、化学的(耐薬品性)・電気的(高絶縁性)保護用途や非粘着性が必要な用途に最適です。

特長

●耐熱、耐寒性に優れています。
●無負荷連続使用温度 FEP<-65~+200℃
●ほとんどの化学薬品、溶剤に対して不活性です。
●対抗性に優れ、経年変化がありません。
●ほとんどのものが付着しにくく、たとえ付着しても容易に取れます。
●難燃性です。
●電気的特性が優れています。

用途

●液体輸送用機器、サーミスタ、センサーなどの耐薬品性、非粘着性を必要とするリード部の保護被覆
●センサーなどの極小素子の保護
●ロールなどの非粘着性化
●高温化での耐薬品用保護被覆
FEP熱収縮チューブFEP極細熱収縮チューブ
記号NFNFL
主材質FEP
収縮後内径1.5~66mm0.47~2.35mm
収縮温度150~200℃
収縮比1.3~1.1:1
連続使用温度-65~200℃
材料燃焼性UL 94V0
興味のある製品を探す